KAZU HONDA DC5R クラッチ交換


MacFarm-KazuWorld-HONDA Car -KAZU HONDA DC5R クラッチ交換

DC5Rノーマルクラッチですよ。
クラッチの圧着不足で、タイムラグがでクラッチを交換致しました。 強化クラッチ・機械式LSDを想像していた方はゴメンナサイ。

1速・2速で高回転領域で、クラッチ接続すると繋ぎがワンテンポ遅れるようになり、クラッチユニットを交換する事にしました。リレーズベヤリングも交換。ここまで分解するなら、バッフルオイルパンもやればよかった。他にもあれもこれも(笑)。と言いたいけど、いくらかかるねん。機械式LSDはず〜〜〜〜と言われた(笑)。腕がまだ無いし(爆)。ヘルカルでも十分と言い聞かせノーマルのままです。
■ミッション下ろすのに、な〜んと、メンバン外さないとダメなんだよねぇ左が外されたメンバン。
■いよいよ下ろしますよ。ミッションが、右の写真。大変な作業だね。

ミッション外すとこんな感じでクラッチが付いてます。カバーっすね。
左の写真が新旧の違い、こう見るとそう変わらないけど、右の写真のスプリングが、ほ〜んとに、遊ぶくらいにへたっていました。これじゃあ、DC5の強烈なパワーじゃあ圧着しない訳だな〜〜と実感してしまって、ついついリレーズベアリングの確認を忘れてしまったのであります。おそらくリレーズベアリングも結構きていたと思います。?
教訓・・プロが運転すると、やっぱりヘタルよね。一般の運転じゃあこうはならんでしょ。
さてさて、組み立てだよ・・。
これがまた大変なんだよね〜〜
しかし、良く出来てますよ。あの小さなスペースにギッシリと、上手く考えられて配置されています。
まぁ、ラジエターホースの位置とか、バッテリーの位置とかも気になりますが、あらためて狭いスペースに収められているのが解りました。
そそ・・・ミッションはこれね。
小さいねぇ・・6速なのにぃ。
オイル漏れしてるじゃん、よ〜くみるとヘッドの部分からオイルニジミが・・・綺麗に洗浄して、再度確認かな・・様子見です。

All Right Reserved, Copyright (C)

Kazuhiro Chiba. 2002