TC1000 HONDA Bayside Circuit Division.

TSUKUBA TC1000 2003/11/23 無限走行会


MacFarm-KazuWorld-HONDA Car -TC1000 MUGEN CC
・約1年振りの筑波ですが、筑波サーキットコース1000に見学に行ってきました。
サーキット天候は、晴れ まさに、サーキット日よりです。見学組には辛い寒さでした。と言ってもかなり遅くに出たので、4ヒート目しか見れませんでした。
以前のTC1000はシビックが多いのに今回はDC5が多い事にビックリです。でみなさまタイムは素晴らしい事。走り込んでますねぇ(笑)
上は、見学組の写真です。(爆)

※2コーナーの先のインフィールドに、排水用の溝があり、大事な友達のDC5がスピンしこの溝に落ち結構な修理となってしまいました。NSXもこの溝にエジキになりました。
インフィールド内ですし、是非改善してほしいですね>筑波サーキットの方々。また、走られる方はご注意下さいね。せめてドラミで注意してほしいですね。

・PBR、ペンスキー脚のせきちゃん号 今回は純正ラジアルで辛そうだけど、丁寧な運転と脚が素晴らしい。
走りはの方は。 (MPEG) 
・峠走りのKEIさん、スピリッツさん仕様のオーリンズ脚です。女性とは思えない、素晴らしいタイムで快走。
・タイヤはネオバF220/40/17 8.5J
走りの方は。
・ちなみに、ムービーは全てベストラップの物ではありません。
プロ同乗走行の走りです。1コーナーのFドリとインフェールドのライン姿勢の繋ぎはさすがです。
プロの走りその1 無限デモカー
プロの走りその2  レースカーベースかな?
・TEIN N1レースダンパー、キャンバー6度とレースカー並みの、KEIさんのお友達。SタイヤBS 55Z F245/40/17で快走です。
走りの方は。


今回のラジアル最速車は「マサキさん」ツッコミの凄さが印象的です。
・無限エアロで武装された外観
・脚はオーリンズPCV 吊るしのF8K R10K キャンバー加工で4度
・ネオバFR 215/45/17で、今回ほぼ新品ながら、厳しいTC1000でかなり減ってました。
・つっこみの走りは。 その1 その2
・エンジンルームは・・・。
・五次元エンジントルクダンパー
・吸気は、K&Nラムチャージャー ・HKSのサークルアース
・K&Mの調整式タイロッドがキャンバー4度を可能にしている。長穴加工もね。 ・突っ込みブレーキでブレンボ文字が焼けています。キャリパーが開いて無いといいんだけど。
・番外編
KEIさんの、スピリッツ特性ワンオフリアタワーバー。(笑)
見学組みの車(笑)

All Right Reserved, Copyright (C)

Kazuhiro Chiba. 2003