HOME  

This Site ..........


 

私のO2を紹介

これが自宅に設置されているO2です。
左から本体、O2 R5000PC 180Mhz 160MB/2G・その隣に2G DISK+HP DATのSCSI機器、"17インチモニタ、キーボードです。今は、無きR5000PCですは(^^;)
O2は、EtherNetでMacintoshWindowsNTと接続されています。
まさに家庭内イントラネット(笑)。O2は標準でNetscapeミのFasttrackサーバが標準装備されているので簡単にWeb環境を構築する事が出来ます。Ethernetも10Base-T/100base-Tに対応してるので100BaseのHUBが安くなったら考えましょう。
SGIのマシンを持っていたら、やはり一番やりたいのは3DCGですね。SGIに最適化された安いCGソフトが出れば飛びつくのですが、Softimage3D安くなないと言うよりもハイエンに向かっている。・・。LightWave3DはどうもSGIには力を入れてくれない様だ・・ベンチマークで、インターグラフのマシンをG3マックが抜いてしまっている。このまま1.1GhzのG3が出てしまったら最速3Dマシンはマックゆーざーになってしまう・・なんとも嬉しいやらSGIユーザーでもある私にとっては複雑な気持ちである。そんでもって、安価なinspireが出て来る。ま〜、当然SGI版は出てこないだろう。結果的に現在は、3DマシンはWindowsNTがメインマシンが、なってしまっています。
でも、O2にはOpenGLハをフルに利用したすばらしいデモや簡単な3Dソフト・コンバートソフトが標準で付属されています。
それ意外にもIntenetからすばらしいソフトをGETしたり、市販のソフトをテンポラリーライセンスを発行して貰って遊んで見ることも結構楽しいす。(http://www.sgi.com/Products/Evaluation/)

  • 以前は、Indy R4600PC/100Mhzを使用してました。
    Indyはなかなか良いマシンでしたが、やはり時代の流れ・・速い・安い・高機能。なんと言っても256色のIndyには耐える事ができなかったのが最大のきっかけかな。今は無きIndy君ですが、作りはO2よりも断然と良いです。IndyCamも今のO2ではOPTIONとなってしまいました(買えばいいのですけど)。シリアルもRS-422からRS-232Cになってしまったのはショック。やはりマックユーザーにはRS-422がなじんでますからね!。ISDNポートが無くなったのもショックですが、これは後で・・。
   

All Right Reserved, Copyright (C)Kazuhiro Chiba1997-1998.